警視庁 保健師 求人

警視庁の保健師求人は?

警視庁とは、厳密には都警察の本部のことを指しています。ただし、一般的には東京都の警察全体(各方面の警察署)をまとめて警視庁と呼んでいることの方が多いようです。なお、警察庁とは意味合いが異なりますので注意が必要してください(警察庁は、内閣総理大臣の管轄下にある国家公安機関に設置される行政機関)。ただ、ここではそういった細かい分類を排除し、“一般的にイメージされている警察”の求人について解説します。

警察で働く人達、つまり警察官は様々な怪我や病気にさらされる危険性が高く、それを予防することが保健師には求められます。そういった意味では、産業医や看護師等とチームを組み、健康管理センター等の警察内組織に所属し、警察官の健康に関わることになるでしょう。また、近年問題視されている警察官のメンタルヘルスは、極めて深刻な話であり、警察官個人の問題だけでなく警察全体に関わる大きな課題となっています。

そのため、まずは個々の警察官に対するケアを充実させる必要がありますので、警察における保健師の求人は増加傾向にあると考えられます。警察官は常に極限の緊張とストレス、そして危険の中で仕事をしています。そういった一般の会社員とは異なる環境で働く人達に対して、どのようなケアをすべきかと言うことが、警察において保健師に求められる仕事の最も大きなポイントと言えます。1地域の警察官だけでも数百人以上が所属していますから、その1人1人が健康に業務を遂行できるような対策を講じなければいけません。

もちろんこれは企業でも同じ事ですが、ひとつの不祥事やトラブルが国家の信頼を揺るがしかねないという責務を持った警察官は、慎重な対応が求められることは言うまでもないでしょう。ただ、もちろん警察官も人間です。やることは同じですから、これまで自分が培ってきた知識や経験、技術をしっかりと活用すれば、改善策を見出すことができるのではないでしょうか。

また、求人に応募する場合、警察という特殊な組織へ入るわけですから「なぜ応募したか」「どんなことができるか」「何をしたいか」という点は、信念を持って明確に答えられるようにしておく必要があると言えます。保健師と言えど、警察という組織の一員になるわけですから、曖昧な気持ちのまま応募をしても採用されることはないでしょうし、上手く採用されたとしても過酷な仕事に耐えられず長続きしないと考えられます。しっかりとした心構えで挑むことが大切です。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む