デイサービスセンター 保健師 求人

アルバイト・パートの保健師求人は?

保健師は正社員・固定給で働くだけでなく、アルバイトやパートタイムなどの時間給で働くケースもあります。これは、ライフスタイルや雇用側(企業側)の事情によって様々ですが、そういった求人はあるのでしょうか?

実態として、保健師を専任としてフルタイムの正社員で採用できる企業はなかなか存在しないのが現実です。公的機関などではフルタイムの専任保健師などがありますが、民間企業は兼務という形や、パート・アルバイト待遇で時間を決めて勤務するというケースが多いと考えられています。

まず、社員数が少ないため、他の従業員と同じだけ勤務しても仕事がないということが理由としてあります。製造業などのような怪我の多い現場であればフルタイムでも充分に活躍の場はありますが、それ以外となると、どうしても出番が少ないため、他の業務を兼務したり、パートということになるわけです。

また、経済的な面でも、必要と分かってはいるけれどなかなかフルタイムの専任保健師を雇用する余裕がないことも、実態です。企業の経営者(雇用主)は、労働者(雇用者)の健康について管理監督の責任はあるものの、保健師の設置が義務づけられている訳ではありません。適切な方法で、健康を管理できれば良いわけですから、パートタイムの保健師でも事足りる訳です。

ただ、近年、肉体的な疾患だけでなく、精神的疾患・メンタルヘルスの問題が企業において取り上げられることが多く、過労死や労災認定など、経営者は頭を悩ませています。こういった問題にコンサルタントを入れるのも手ですが、根本的な解決としてはやはり保健師を雇用し、改善・対応を任せるのが現実的だという考えが広まりつつあるそうです。そのため、正社員もそうですが、パート・アルバイトの保健師求人も増えてきています。

また、パート・アルバイトの保健師求人の良い所は、一般的なアルバイトよりも時給が高いことがメリットとして挙げられます。もちろん、パート・アルバイトですから、雇用関係は正社員よりも弱いものとなりますが、場合によっては掛け持ちすることもできますので、高い年収を得ることも不可能ではないでしょう。

さらに、色々な職場で保健師としての経験を積むことができますので、スキルや実績の面でも決して不利になることはないと考えられます。現代は、色々な生き方がありますので、正社員とアルバイト、どちらが正解とは言えません。大切なのはどのような仕事をしたいかという点だと思いますので、自分の持つ保健師という資格を活かした働き方を選ぶようにして下さい。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む