保健師の結婚事情

保健師のリアルな結婚事情は?

保健師の方は9割が女性であり、多くの方が仕事と同じくらい結婚・家庭というものを人生の中で大切にしていきたいと考えているようです。女性の社会進出が当たり前になっている日本ですが、結婚後はまだ稼ぎは男性が担うというスタイルが決して崩れてはいません。

 

一方で保健師や看護師といった医療関係・福祉関係の職場は女性が結婚後もそのまま勤務することが大いに望まれている職場です。
結婚後も仕事を続けている方が、非常に多くいらっしゃいます。子どもを安心して預けられることができる環境であれば、出産後も仕事を続けることが可能でしょう。

 

保健師の方自体はほとんどを女性が占めるわけですが、保健師の方が勤める職場は決して女性ばかりというところではありません。行政保健師であれば本庁勤務であれ、保健所勤務であれそこで勤める職員の方と同僚として働いていくことになります。

 

そのため、保健師という職業が特に出会いが少ない・結婚が遅れやすいという職業ではないことは確かです。病院によっては男性の割合が非常に少なくなる看護師に比べると、職場内で結婚できるという可能性は大きいでしょう。

 

学校保健師や企業保健師の方も、異性の方との出会いは決して少ない方ではないでしょう。学校や地方の保健センターなど、一部の職場では独身の若い男性職員が少ないということは考えられます。

 

病院・福祉施設といった職場で職を見つけた場合も、女性が多いということは考えられます。しかしそれ以外の職場では、保健師の方が働く職場は男性職員の方が多いというところが多いのではないでしょうか。

 

また、保健師の方であれば看護師と違って夜勤や土日出勤がないため結婚後も仕事を続けられます。なかなか家庭で配偶者の方と過ごす時間がないという悩みは、あまり出てこないのではないかと思います。

 

子どもが生まれた後も、保健師の方は希望すれば多くが職場復帰できるでしょう。児童福祉といった部署で働くことになる場合、自分がお子さんを育てた経験というのはむしろプラスに働くことも考えられます。

 

一度退職した後も、保健師という資格があれば保健センターの臨時職員といった形で時給のよい職場で働くことが可能です。
そのため、結婚後すぐ専業主婦というルートを考えていない方にとって保健師という資格は結婚してからも力を示します。保健センターのほか、近年需要が高まっている介護関係の職場で保健師・看護師としてのキャリアが生かされることもあります。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む