離島 保健師 求人

離島・僻地の保健師求人は?

離島・僻地は、今、大きな医療問題を抱えています。それは、言うまでも無く医師・病院不足です。離島・僻地に出向こうという医師も少なく、また病院・診療所などを設置する予算もないということから、離島・僻地の住民は怪我や疾患に対して、常に大きな不安を持って暮らしています。

そこで注目を集めているのが保健師です。保健師は、医師のような医療行為を行うことはできません(看護師の行う措置は可能です)。しかし、健康管理・増進への取り組みによって病気や怪我を未然に防ぐことが出来ます。離島・僻地というのは、単に地理的な問題があるだけで医療から隔離されています。ここに医師や病院を送り込むことはすぐには困難ですが、保健師の設置によって予防を推進する動きが一部では活発になっているそうです。

もちろん、国家資格の所有者ですから、知識・技術などには全く問題有りません。ですので、離島・僻地では保健師の求人が増加していると言われています。

もちろん、年収についても場合によっては自治体などの補助があることが多く、一般の保健師よりも高い相場の年収・好待遇の条件が出ることも決して珍しくはないそうです。問題は衣食住環境ですが、離島・僻地とは言うものの、生きていけない状況にあるわけではありません。その土地でしっかりと生活している人達がいますので、衣食住に困ることはほとんど希だと考えられます。

後は、離島・僻地という環境に馴染めるかどうかです。地域の人口も少なく、また高齢者が多い傾向にあります。そんな中で怪我や病気にならないようなサポートを行い、仮に病気や怪我などが発生した場合は、迅速に医療機関と連携を取る必要があります。

そういった状況で必要とされるのは、やはりコミュニケーション能力です。人口が少ないことから、ひとりひとりの健康状態をチェックする状況もあるかもしれません。また、全体に対しても病気の予防における指示や啓蒙を行う必要もあるでしょう。個と全体への切り分けを上手く行ってコミュニケーションを取ることは、離島・僻地での保健師業務において、強く求められるスキルだと考えられます。

もちろん、いきなりそういったことが出来る人は少ないですから、まずは丁寧に、きめ細かいヒアリングやケア、アドバイスなどを行うことで、徐々にコミュニケーションが広がっていく筈です。いずれにせよ、医療と切り離されている離島・僻地にとって、保健師は頼りになる(頼りにせざるを得ない)存在となります。求人に応募する際には、その期待に応える責任感が必要だと言えます。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む