保健師の国家試験

保健師の国家試験とは?

保健師の国家試験は、看護師の国家試験が必須条件となっているため受けるために必要な学歴・ルートがある程度限定されてきます。現在の制度で可能な国家試験へのルートは、だいたい以下の3ルートになるでしょう。どのルートにしても、看護師・保健師養成の各種学校を修了しなければなりません。

 

最初のルートとして、准看護師の資格をとったあとに看護師の国家試験をとり、最後に保健師養成学校に通い国家試験受験資格を得るというものです。准看護師を受けるために衛生看護科高校を卒業、その後あらためて看護学校や短大などで看護師の国家試験を受けるという過程を経る必要があります。

 

2つめのルートとしては、普通科の高校を卒業して看護学校・看護短大に通い看護師の国家試験を受けるというものがあります。この場合、最初のルートに比べ看護学校・看護短大で看護師の国家試験を受けるために必要な過程が2年から3年と長くなります。もちろん、この場合でも最終的には保健師養成学校に通うことが必要なことは変わりありません。

 

最後に、4年制の看護大学や看護専門学校(統合カリキュラム校)を卒業するというルートも用意されています。この場合、看護師国家試験と保健師国家試験をほぼ同時に受験して両方の資格を得る必要があります。

 

保健師国家試験で合格しても、看護師国家試験で落ちてしまった場合には保健師の資格も得られないという制度であるため看護師試験のほうも頑張らなければいけません。

 

平成25年実施分以降、保健師の国家試験は4つの試験科目で行われます。
公衆衛生看護学・疫学・保健統計学・保健医療福祉行政論の4科目であり例年およそ60パーセントが合格ラインとなっています。
きちんと勉強していれば合格ラインのハードルは決して高いものではなく、毎年合格率は90パーセントほどであるため特別気負う必要はないでしょう。ただ、試験は1年で1回しか行われませんので体調管理などは気を付けておきたいところです。

 

もちろん、保健師の国家資格を取得しただけでは仕事ができませんから保健師として働くためにはさらに採用試験を受ける必要があります。

 

近年の公務員試験は倍率が高いところも多く、競争率が高い自治体ではここの試験が非常に難関となることもあります。採用人数もあまり多くありませんから、場合によっては年度をまたいで受験することも考えなければいけません。もちろん、行政保健師ではなく学校保健師や企業保健師という道を選ばれる方もいらっしゃいます。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む