保健師 不足

保健師は不足している?

高齢化社会の進行や特定健診の開始などで、保健師の方の需要は以前に比べて高くなっています。
ですが、保健師の方を増やすという取り組みは残念ながら完全ではない状況です。もちろんこれは保健師だけでなく、医師や看護師など医療・そして福祉分野全体で共通している状況です。

 

この状況は単に志望者が少ないということよりも、保健師を養成するための機関が十分に整っていないということがあるでしょう。
保健師になるためには看護師資格を取得した上で1年間保健師養成校に通うか、看護系の4年制大学などを卒業して看護師と保健師を両方取得する必要があります。どちらにしてもそんなに簡単な道のりではありませんが、保健師を養成するための下地はそれほど丈夫なものではありません。

 

こういった状況があり、現在保健師資格を持っている方は4万人ほどにとどまっています。そのうち3万人は行政保健師として活躍していて、残りの方は学校や企業などで活躍なさっているという状況です。

 

大手企業でも社員の健康管理・メンタルケアといった問題に対処するため保健師の方がいると非常に助かるものです。特に最近の「メタボリックシンドローム」「生活習慣病予防」「うつ病対策」といったキーワードに、保健師の方が寄与できる部分は多いでしょう。

 

そのため、保健師資格をもっている方にとっては転職をするチャンスということでもあります。
求人自体はそれほど多くなくても、保健師という資格を持っている方も非常に限られています。

 

転職サイトに登録し、コンサルタントの方と打ち合わせをして条件交渉にあたってもらえれば理想的な職場への転職も見えてくるでしょう。

 

保健師の方の場合、特に仕事内容などで理想と現実に差があってはストレスを抱えやすくなります。今後は公的機関の保健所や保健センターだけでなく、民間の機関も老人福祉へ大きな貢献をすることが期待されています。保健師の方も、そうしたところで働く方が増えてくることが考えられます。

 

公的機関と民間の介護サービス機関、そして利用者とを結びつける役割が求められるようになってくるためです。必要としている方に適切な福祉サービスをという大きな課題は、福祉行政なども学んでいる保健師の方が非常に力を発揮できるものです。

 

仕事内容などについて、地に足のついた堅実な転職活動を行うことが必要になるでしょう。職場の雰囲気や、私生活と両立できる職場かどうかといった要素も検討すべき大切な要素となりますよ。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む