市役所 保健師 業務内容

市役所の保健師の業務内容は?

市町村保健師と一言で言っても働く職場はとてもたくさんあります。 市町村で運営するような病院や診療所、それ以外にも学校や老人ホームなどたくさんのところがありますが、市町村保健師が転職する際のポイントはどんなことになるのかというと、同じ市町村の中でも、特にスキルアップしていけるような職場選びが大切になると思います。

例えば老人ホームなどに転職をして介護士としての資格の取得をしても良いと思いますし、病院に勤務しながら栄養士の資格の取得を目指したりしても良いと思います。 保健師として働いていける職場は本当にたくさんありますが、保健師の資格だけでは収入の面で満足できないような部分があり、頻繁に転職を繰り返さなければいけないようなことになりかねません。

また保健師というのは市町村で活躍している場合にはお給料もあまり良くないということがあるので、保健師以外の資格を取得することができるような職場で働きながら複数の資格を取得すれば、その分手当てなどがつき収入も多くなっていくと思います。 また反対に収入はこだわらず、勤務時間が短い方が良いというような場合であれば、学校や幼稚園への転職が良いのではないでしょうか。 学校や幼稚園であれば多少の残業があったとしても夜遅い時間までの作業などは無いと思いますし、夜勤もありません。

ですからある程度決まった時間の中で働くことが可能なので、家庭との両立をしたいと思っている場合には向いている職場だと思います。 それから引っ越しなどをする際に、全く違う市町村で働きたいと思うような場合もあると思いますが、この場合には以前働いていた市町村での経験をしっかりと履歴書に記入する必要があります。

ただ履歴書に記入して求人広告の募集に応募するだけでは無く、できれば保健師専門の求人サイトを利用してコンサルタントに転職の手助けをしてもらうと良いと思います。 そうすればこれまでの経歴などをしっかりと生かしながら、先方に対して推薦してくれるので個人的に面接を受けるよりもはるかに有利になると思います。 特に市町村が違う場合には、それまではその市町村の住民ではなかったというデメリットがあるので、こうした部分をフォローするためにもコンサルタントの後押しが必要になります。

コンサルタントから新しい市町村での細かな情報を事前に聞いておけば、面接での受け答えに困ってしまうようなことがありませんし、大きなメリットになってくれると思います。 市町村で働く保健師が活躍できる場面は沢山ありますが、転職する際にどのような職場探しをするのかということがとても重要になります。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む