保健師の求人先探しの第一歩

転職のプロ!転職支援サイトの専任アドバイザー

保健師求人ドットコム<求人先を見つけるベストパートナー>へのご訪問ありがとうございます。転職支援サイトにはもうご登録されましたか?専任アドバーザーと呼ばれる、いわば「転職のプロ」に任せることで、自分の希望する条件の転職を実現しましょう!

 

給与面や通勤距離、福利厚生など紙面でみる情報のほかに、職場環境や実際の残業時間など自分では調べにくい情報も専任アドバイザーがしっかり確認してくれるので、「思ってた内容と違った...」などという失敗もなくなります。また、非公開求人の案件数も膨大ですので、一度ご登録されてみてはいかがでしょう?

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

保健師求人探しのポイント

保健師になろうと思ったときにどのような保健師になるかということが迫られます。保健師にも様々な種類があり、市町村で働く行政保健師、学校で働く学校保健師、企業で働く産業保健師というように大きく3つに分かれているのが特徴になっています。

 

やはり保健師として働くならば待遇がしっかりとした場所で働きたいと思っている人がほとんどだと思います。この中で給料などがよく待遇もしっかりとしているといえば産業保健師になると思います。産業保健師というのは企業で働くことができる保健師です。民間の会社のため、しっかりとした休みなどもとれ待遇も確実にいいものばかりの会社がほとんどなのです。

 

ところが、この民間企業で働く保健師というのはなかなか就職しにくいというのがあるのです。民間企業で保健師を雇うといっても多く雇えるわけではありません。多くても2人程度が限界です。そうなってしまうと狙わなければいけない席というのはとても狭く求人がなかなか見つからないことが多いのです。更に、最近では企業で保健師を雇う場合には非公開求人を出すことがほとんどだそうです。 非公開求人というのはその名の通りハローワークなどでは公開しない求人のことです。つまり、普通の方法で調べても求人情報を見つけることができないのです。

 

ではどうすれば保健師の求人を見つけることができるのでしょうか?保健師の求人情報というのは保健師求人サイトなどにまとまられていることが多いのです。保健師求人サイトというのはインターネットで閲覧することができるサイトで、保健師に関する様々な求人情報を取り扱っています。もちろん企業などから出されている非公開求人というのはここで取り扱っていることがほとんどなのです。

 

この保健師求人サイトというのは自分にあった求人情報を見つけやすいという特徴があります。求人情報がハローワークと比べて多くあるというだけではなく、より細かな条件で求人を探すことができるというのが特徴なのです。

 

例えば住んでいる地域の近くで探すことができたり、給料の条件を設定することができたりとより自分にあった条件の求人情報を探してその中から求人を選ぶことができるのです。もちろん求人情報を探すだけではなく、保健師特有の悩み相談などにも載ってくれるのがこのサイトの特徴でもあります。困ったことがあってもこのサイトを利用していればしっかりと解決することができるのです。転職や就職で困ったときにはこういった保健師求人サイトを利用しましょう。

保健師の求人先探しの第一歩

保健師の方の多くは行政保健師・学校保健師として働くことを考えていると思います。

 

ですが中には保健師という資格を生かして民間で就職することを考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし行政以外では、なかなか保健師という資格が生かせる求人が多いということはあまりないものです。

 

多くの企業では企業保健師として雇用する人数は1人・2人といった人数になるでしょうし、当然規模が小さい企業では保健師を雇う余裕がありません。

 

そのため、保健師の方の中には保健師として活躍できる職場・求人探しが難しいと感じている方もいらっしゃると思います。
まずは効率よい求人探しの第一歩として、保健師の方を支援してくれる転職サイトへ登録するのはいかがでしょうか。
保健師の求人の多くは非公開求人として出されていることが多く、なかなか一般の方が目に触れる機会がありません。転職サイトを通すことで、目にすることができる求人案件は非常に多くなるでしょう。

 

最近多くの企業や法人が求人を非公開とするのは、いろいろな理由があります。
1つは終身雇用が崩れてきて労働者が転職をするのが当たり前になっている今、できるだけ企業と労働者のミスマッチを避けたいということです。

 

そのためすぐに退職されては困る要職では広く応募を募るのではなく、転職エージェントを通して条件がぴったり当てはまる人をピンポイントで募りたいと考えます。労働者とより詳しく話し合うことができ、応募者を1人1人よく検討することができるようにもなります。

 

また、あらかじめ応募人数が絞られるため採用の効率を上げられるということもその理由です。新卒・既卒双方のリクルートをしながらその他人事の仕事を行う採用側も、なかなかたいへんな仕事です。できるだけ少ない時間で、ふさわしい人のみで最終面接の段階までこぎつけたいという思いがあります。応募の殺到を避けるためにも、非公開求人という形式はプラスになります。

 

保健師のように採用人数が限られた特殊性のある職種では、採用側に非公開求人を選択するメリットが大いにあるといえるでしょう。そのため、求人探しを行う側としてはこの非公開求人に多くアクセスできる機会を作ることが非常に大切になります。

 

転職サイトであれば自分に合った非公開求人を紹介してもらうことができますし、紹介を受けた後にもさまざまな形で採用されるためのサポートを受けられます。そのため、求人探しの第一歩が転職サイトへの登録となるわけです。